寝るときにもブラをしたほうがいいの?

寝るときにもブラをしたほうがいいの?

おうちにいるときのみならず、寝るときにも思いっきりリラックスしたいのは当然のこと。家に帰った瞬間にブラを脱いでしまう女性も多いようです。同じ理由で、寝るときにもノーブラの女性がほとんど。ですがこれでは胸が垂れてしまうおそれが・・・。ナイトブラで胸を下垂から守りましょう!

寝るときにブラをしたほうがいい理由
①胸の構造とクーパー靱帯
ふだんは気にすることが少ない胸の構造ですが、実はとても繊細。胸部分にある筋肉、大胸筋にふんわりした脂肪が重なって、女性の美しいバストラインが生まれているのですが、この脂肪を支えているのが、クーパー靭帯という筋肉です。このクーパー靭帯は、一度伸びてしまうと元に戻りません。垂れないバストラインを保つためには、できるだけクーパー靭帯を伸ばさないことが重要になるのです。

②寝ているときでも胸は揺れる!
クーパー靱帯が伸びてしまういちばんの理由が「揺れ」。立ったり歩いたりしているときと違い、寝ているときにはバストは揺れないと思いがちなのですが、睡眠中も人は寝返りなどで意外に体を動かしています。また横向き寝の場合は、バストが横に流れてしまうので、これを防ぐためにもバストを固定することが必要なのです。

③どんなブラをすればいいの?
とはいえ、普段使っているブラジャーをして寝るのは、体にとってはかなりのストレス。現在はおやすみ時用に「ナイトブラ」が各メーカーから販売されています。ナイトブラには硬い金属は使われておらず、やさしい素材や着心地にこだわり、リラックスして眠れるようになっています。ワイヤーなどではなく、構造や素材の伸縮性でバストを本来の位置に固定して、下垂を防ぎ、左右のバランスの良いバストラインを作ってくれるのです。

関連記事

人気コンテンツランキング!