下着で夏の冷え対策

下着で夏の冷え対策

夏のインナーと言えば、汗対策や暑さ対策がされたものがクローズアップされがちですが、意外と見落としがちなのが冷え対策。外は暑くて汗をかくのに、室内は冷房で冷えてしまう。そんなときには天然素材の下着がおすすめです。

冷えが気になるときの下着
①夏の冷え
暑い夏に意外と多いのが女性の冷え性。代謝が悪くなるだけでなく、体調を崩しやすくなるので、できれば避けたいものです。夏の冷えを防ぐには、汗を吸って発散してくれる下着が重要。化繊の下着は汗を吸いにくいものが多く、かぶれたりなど、肌に負担をかけやすいので、天然素材の下着がおすすめです。

②天然素材の下着
体に負担をかけにくい天然素材の中でもポピュラーなのが綿。値段も安価で、多くの下着ショップで扱っているので手に入れやすいのがメリットです。ですが、綿素材は水分の発散能力が弱いのがネック。夏に綿の下着を着る場合は、着替えを用意し、汗をかいたらこまめに着替えるのがポイントです。

③おすすめは絹
吸湿・速乾・肌に優しいという点で、夏の下着にぴったりなのがシルク。肌触りもよく、体を冷やさないので、夏は涼しく冬は暖かく、季節を問わず使えます。難点はやはり値段と、手に入れにくさ。お手入れが中性洗剤での手洗いのみになるのも、人によっては負担になります。

自分に合った素材の下着で、暑い夏を乗り切りましょう!

関連記事

人気コンテンツランキング!